生活保護受給者の葬祭

基本的に葬祭扶助を利用した葬儀は、
家族葬になると思っておいた方がよいでしょう。

葬祭扶助は実費で支給されるとはいえ、決められた範囲内のみの支給
となるので、一般的な葬儀の費用には到底足りません。

葬祭扶助の相場は大体17万円~20万円と言われていますが、
一般的な葬儀の費用はおよそ200万円前後と言われています。
約10倍もの金額の差があります。
そのため一般的な葬儀をするのは不可能と思っていいでしょう。

対して家族葬の場合、20万円以内に収めるのはさほど難しくない(※)ようで、
10万円~50万円で出来るそうです。

この額であれば葬祭扶助で葬儀を行うことができるでしょう。
しかし気を付けなければならない点としては、
・生活保護を受けている方が亡くなったのか
・生活保護を受けている方が喪主を務めるのか
この2点だと思います。

前者の場合、親族の誰かが喪主を務めることになるかと思いますが、
その喪主が葬儀代を支払えるだけの金銭的余裕がある場合、当然葬祭扶助を
受け取ることはできません。

後者の場合は、最低限の生活をするので精一杯かと思われますので、
葬儀費用を支払える余裕は一切無い為葬祭扶助を受けて葬儀を執り行うことになるでしょう。

ただし、当然かなり簡素化した葬儀しかあげることができません。
例としては、通夜や告別式を行わず、
火葬して遺骨を受け取るのみといった火葬式が挙げられます。

故人は謹んで偲ぶべきだと思いますが、生活保護費(葬祭扶助)で葬儀が行われる以上
こういった簡素な葬儀も致し方ないかもしれませんね。

admin

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>