生活保護の種類について

生活保護といっても、中身は8種類に分かれています。
年齢や性別、そして世帯の状況等から判断して、
1~2つ以上の扶助が行われます。

男性写真

【 生活扶助 】
日常生活に必要な費用(食費、被服費、光熱費等)
基準生活費(第1類・第2類)と各種加算により支給される
(第1類…個人単位での食費、被服費、娯楽費等
第2類…家族単位での光熱費、交通費等
各種加算…母子加算、妊産婦加算、障害者加算等)

【 教育扶助 】
義務教育に必要な費用(給食費、学用品費等)
基準額が支給される

【 住宅扶助 】
住宅に関する必要な費用(家賃、地代、補修等)
実費で支給される(決められた範囲内)

【 医療扶助 】
治療に必要な費用
本人負担なしで、医療機関へ直接支払われる(現物支給)

【 介護扶助 】
介護に関する必要な費用
本人負担なしで、介護業者へ直接支払われる(現物支給)

【 出産扶助 】
出産に関する必要な費用
実費で支給される(決められた範囲内)

【 生業扶助 】
自分で商売をはじめたりする際に必要な費用
(就労するために必要な技能習得等)
実費で支給される(決められた範囲内)

【 葬祭扶助 】
葬祭に関する必要な費用
実費で支給される(決められた範囲内)

これら8種類の扶助が中心となって
生活保護の支給が行われますが、
生活保護を受給している全世帯に
全ての支給がある訳ではありません。

また、一時的なものとして一時扶助というものもあります。

admin

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>